40年代にインスパイアされたステップケースデザイン

三針式自動巻のHMS 002のケースデザインは、1940年代の時計にインスパイアされていますが、モダンな佇まいを兼ね備えています。側面の直線的なサテン仕上げ、ラグ上の円形のサテン仕上げ、そしてケースの最終ステップにあたる部分には鏡面仕上げを採用しています。

この時計は、38mmの直径と相まって、落ち着いたヴィンテージ感に溢れる完成されたドレスウォッチとしての装いを備えています。

60時間パワーリザーブを備えた新ムーブメント

HMS 002コレクションの最新3モデルにはMIYOTA 8315自動巻きムーブメントが搭載されています。MIYOTA 821Aを搭載した前モデルから18時間増え、60時間のパワーリザーブを実現しています。ムーブメントのパフォーマンス強化に加え、精密パーツのフィニッシュもアップグレードされ、熱処理されたブルースクリューも追加されています。

現在ご予約いただいたオーダーは、6月末の発送を予定しています。

表面処理は次のレベルへ

HMS 002の新しい文字盤デザインを制作にあたり、私たちは、アールデコの要素を加えつつ、40年代にインスピレーションを受けた初代のデザインを継承したいと考えました。荒い梨地の艶消し文字盤を、円形サテン処理されたチャプターリングが囲うデザインを採用し、非常に高品位な表面処理が完成しました。

プレス
自社アトリエでの組み立て・調整

全てのHMD 002は、フランスのブザンソン近郊にて、熟練された時計技師により手作業で組み立てられています。

彼らによって、バルティックの全時計の組み立て、調整、精度テストが行われています。

現行コレクション及びアーカイブはこちら。 全コレクション
Go to English (United States)
ご質問やお手伝いできることがあれば、お気軽にお問い合わせください カスタマーサポートに連絡する